2012年02月29日

ワインフェスティバル!!

「Cellar Door Wine Festival」というイベントに行ってきた。

これは去年から始まったワインイベントで今年で2回目。

もちろん去年も行きました。

これはサウスオーストラリアのそれぞれのワイン産地から150以上ものワイナリーが参加、一つの会場に集まってテイスティングし放題、ワイン買い放題、ワインメーカーと話し放題(僕は話しませんけど)というステキなイベント。


ある特定の産地のワイナリーがホテルの宴会場やらワインバーやらマーケットやらに集合してのテイスティングイベント、というのは今までに何度も行ったことはあるのですが、SA全てのワイン産地のワイナリーが集合するのは昨年のこのイベントが初めてで、友人と異様に盛り上がったのを記憶しています。

ただ認知度が低かったせいか、プロモーションがデタラメだたせいか、昨年はガラガラ。

でも今年はかなり賑わって(昨年に比べ)ました。

とは言ってもこの程度ですが
2011 12 033.jpg 2011 12 034.jpg


会場のブースには過去に何度もセラードアで会って顔見知りになってるワインメーカーやセラードアスタッフがそこかしこにいて、

でも彼らに会うとワインを買わざるを得なくなるので、

一度買い出すと歯止めが利かなくなるので、

今回はここでワインを買うつもりはなかったので、

今回は今まで行ったことのないワイナリーのワインをメインにテイスティングするつもりだったので、

じゃないとひたすら呑み続けてベロ酔いするので、

彼らのワインは当然僕のお気に入りなわけですごく呑みたかったけど、

素通りしました。

僕も成長したものです。


というわけでワイン好きの人はもちろん、ワインに興味はあるけどよく分からない、という人にもおススメのイベントです。

来年はぜひ。


ただ個人的な意見ですがこういうイベントもすごく楽しくていいんだけど、やっぱり車でワイン産地まで行って「James Halliday Australian Wine Companion」片手に友人とあーだこーだと御託を並べながらワイナリーを訪れる方が僕は好きだなー






posted by yu-j at 21:03| Comment(4) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

極上ワイン2

僕の愛読書「週刊モーニング」に「神の雫」というワインを題材にした漫画が連載されているのですが。

そう、ジャニーズのナントカっていうグループのカメナシナントカって云う人の主演でTVドラマ化もされたアレです。

ご存じない方のために簡単にあらすじを。

ある有名ワイン評論家の遺した時価数億円になるともいわれるワインコレクション(これが遺産)を賭けて二人の男が、彼の遺書に記された「12の使徒」と云われる12本の極上ワインを探し当てる、というお話。

これ、ほとんどがフランスワインの話なんですが、「第7の使徒」候補としてSAワインが登場しましてね。

それがこれ

Glaetzer・AMON-Ra 08 Shiraz(漫画では2003だったと思う)
Glaetzer AMON-Ra 08 Shiraz.jpg

このワイン、誕生日プレゼントに友人からもらったのです。

ものすご〜くおいしかった、ありがとう。



この「Glaetzer」ワイン、ラベルがとても個性的でどれも一度見たら忘れられないデザインなのです。

お味のほうもこの「AMON-Ra」以前に他の2種類を飲んだことがあるのですがこれまた素晴らしい!
amonra.jpgbishop.jpgwallace.jpganaperenna.jpg

そしてフラッグシップワインのこの「AMON-Ra」、今まで飲んだShirazの中でダントツのNo.1!!

Glaetzer最高!

AMON-Ra最高!!


と、思ったのもつかの間、先週行ったワイナリーでさらに上を行くかも、というワインを発見。

いや、でもまだ「AMON-Ra」がNo.1だな。

いや〜奥が深いね、ワイン。

そして面白い!

現段階ではGlaetzer最高!ということで。


ちなみにこの漫画の前フリとして「Torbreck・Woodcutter's Shiraz」と「d'Arenberg・The Laughing Magpie」が紹介されています。

The Laughing Magpieは「日本の漫画で紹介された!」とこっちのニュースで流れてました。

Woodcutter's Shirazは大好きで何度も買ってるんですが、The Laughing Magpieは僕の好みではありませんでした、残念ながら。

いや〜難しいね、ワイン。


あ、ちなみにこの「AMON-Ra」、結局カリフォルニアワインに負けてしまい第7の使徒ではありませんでした。

どうでもいいですね。

posted by yu-j at 18:02| Comment(2) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

希少価値とはいうものの

「Noon」というワイナリーがあるのです。

よくある期間限定でセラードアがオープンするワイナリーで11月の週末2、3週間しかオープンしません。

売切れ次第閉店。

酒屋では手に入りません。

なのでこの日を逃せばこの年のワインが手に入らない(オークションで入手可ですが)、というわけでワイン好きが殺到するって寸法です。

流通をコントロールしてブランド価値を高めるという、良い悪いはともかくある意味上手いやり方です。


以前から気になってたし同僚が強くここを勧めてたので、とりあえず初日に行ってみました。

が、入り口の看板見て「???」

1種類のワインのみを残して他は全て完売。

情報に寄れば年間3000ケースほど出荷してるらしいのに。(ちなみに大手Wolf Blassで年間4百万ケース、同様の期間限定ワイナリーGrossetで年間9000ケースらしい)

オープン初日の、しかもまだ2時間ほどしかたってないのにほぼ完売とはこれいかに?


どうやらここはかなりの数のメーリングリスト、言わば常連客を持っていて、ほとんどのワインはセラードアオープン前に彼らの手に渡ってしまうようなのです。

どうなの?それって。

その週の新聞に「今週末セラードアオープン」の広告がでてたけど、そんなこと一言も書いてなかったぞ。

それは絶対書いておくべきだ。


「ない」と言われれば欲しくなるのが人の性。

を、知っての仕打ちか、売り切れてるはずのワインのいくつかはテースティングのみ可能。

ただしそれを気に入ったとしても、すでに売り切れだから買うことはできない、と。

なんだそれ。


普段から地道に毎日営業してるワイナリーならそんなの全然OKですが。

実際、他のワイナリーでもそういうことはあります。

「売り切れなんだけどちょっとなら残ってるからテースティングしてみる?」みたいな。

こういうのはうれしいし、また来てみたい、と思うけど。


ま、実際そんなたいした味ではなかったので買わずにすぐ出てきたけど。

でもNoonを後にして他のワイナリーでテースティングしてる時、「あ、やっぱりあのワイン普通に飲んでみたい」と思ってしまって。

引き返して結局3本買ってしまった。

あぁ、やってもた…

こういうのがいるから…

まぁいいや。

ちなみにこのメールリスト、現在満席でこのリストに載る為のウェイティングリストというものがあるみたいだけど、相当待たなきゃならないらしい。

あほくさ。


さて、その夜、その貴重なワインを飲んでみました。

あら、おいしい黒ハート

くっそ〜、「Reserve Shiraz」が飲んでみてぇ。

こうやってみんなあの手口にひっかっかって行くのね。

2008 Eclipse
Noon $27.jpg



posted by yu-j at 20:06| Comment(2) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

極上ワイン

相変わらずワインの日々です。

暑くないのをいいことに、ワイナリーやダンマーフィー(酒屋)に行ってはワインを買う日々。

当然ワインクーラーに収まるはずもなく。

気が付けば春間近。

夏なんてもうすぐそこですよ。

猛暑に備え大型のワインクーラーを買わなくてはならない状況です。


今までこのブログではお気に入りワインの紹介をしたことはありませんが。

うまいワインがあるんですよ。

「Sandwell 2008 Shiraz」
Sandwell $80 Doz.jpg


このワインを知ってる人は、おそらくほとんどいないんじゃないでしょうか。

というのもこのワイン、「d'Arenberg」というワイナリーで働いていた友人の友人が、そこのブドウ畑の一画のブドウを買って作った初めてのワインなのです。

120ケース限定。友人価格1ケース(12本) $80!

Clean Skinと侮るなかれ。

まじでうまいっす。

最初テースティングしてあまりにおいしかったので2ケース半注文したんだけど、後日さらに2ケース追加注文したらもう売り切れ。

デイリーワインのつもりで買ったのに、スペシャル用になってしまいました。


来年はさらに手を広げてボトルもラベルも変えて本格的に売り出す、と聞いていたので楽しみにしていたのですが。

その彼、d'Arenを辞めて他のワイナリーに転職したとのことで。

「来年作るんじゃなかったの?」と友人に聞いたら「そのはずだったらしいんだけど…知らない。」と言われました。

どうなるんでしょうか。

ま、とにかくこの「Sandwell」。

要注目です。

もしいつの日かこの名前のワインを見かけたら買ってみてください。

間違いないはずです。

多分。
posted by yu-j at 17:28| Comment(4) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

真夏の誤算

最近ワイン買いすぎ。


ワインクーラー28本収納はやはり小さすぎでした。

なんとなく予期してはいたのですが、まさかホントにこうなるとは。

ボトルが溢れています。

今週は40度越えの日が続くというのに。

どうしよう。

もっと大きいの買っとけばよかった。

新しい大きいのを買うべきなのか。


お気に入りのワイナリーに行くとつい買っちゃうんですよ。

以前は買っても1,2本だったのに最近は…

やばいっす。

それだったらワイナリーに行かなきゃいいのにね。


ワインにはまって1年8ヶ月。

行ったワイナリーの数は延べ200件を超えました。

買ったワインの総計は…

やばいっすね。

ビーチとワイン以外これといった娯楽のないSAなので仕方がない、と自身に言い聞かせてる次第なのですが。

楽しいからまぁいいいや。


で、溢れた行き場のないワインですが、いろいろ調べた結果、普通の冷蔵庫に保存する事にしました。

幸いにも我家の冷蔵庫は大きいくせにビールと水とチョコレートしか入っていないもので。

冷蔵庫保存はいろいろ賛否あるようですが。

コルクのワインはワインクーラーに入れる事にしてトライしてみます。

少なくともこのサウナのような部屋に置いておくよりはマシだと思うので。


どなたかワインのいい保存方法ご存知の方、教えてください。

ま、さっさと飲んでしまうのが一番いい保存法(?)なんですけどね。
posted by yu-j at 15:33| Comment(2) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

Riverlandワイナリーツアー

先日、友人とRiverlandと呼ばれるMurray River沿いのフルーツとかワインとかハエとかの産地に行ってきました。

ぼくがSAで泊まりで出かける理由はワインしかありません。

南オーストラリア州はオーストラリアで最大のワイン生産地です。

そのSAの中で最大のブドウ産地がここらしいのです。

なんでもオーストラリア全体のぶどうの生産量の約30%がここRiverland産。

そしてSAでは約60%を占めるらしいのですよ。

ほぉ、それはすごい。

それにしては知らない名前のワイナリーばかり。

唯一知ってるのは「Banrock Station」

でもここのワインは安くてまずい。


そう、そうなんですよ。

お察しのとおり。

ここRiverlandのワインは激安ワインの1大産地なのです。

安くてうまいなら言う事ないんですが。

友人とも話したんですが、ここのワインは全体的に味が「うすい」

そしてボトルのラベルがなんか安っぽい。


これは非常に重要です。

あるワイナリーの人が言ってました。

「うちは味にこだわってるからラベルはどうでもいいの」と。

これは大間違い。

味にこだわってるなら外見もこだわらなきゃ。

どんなに中身が素晴らしくてもみかけが悪けりゃ価値は半減です。

これはどんな物にもあてはまります。

ま、中には例外もありますが。


話は飛びますが、花屋時代に花を市場でセリで買う時、重要視していた事がいくつかあります。

質や値段は当然ですが他の花屋のおやじ達が気にも留めてなかったこと。

それは花が入ってる「箱」。

花の質とは全然関係ないと思われがちだけど、そんなことありません。

花の質にこだわってる生産者は箱にも気を使ってます。(はず!)

箱の質やデザインがよければ人目を引くし、それだけで中身の質も想像できます。

なぜなら花の質に気を使ってない人が箱にお金をかけるはずないからです。

箱がでかい、ってだけでもうだめですね。(枝物は別)

花がぎゅうぎゅう詰めにされてて花の事よりも自分達の労力削減を重要視してるのが一目瞭然です。

実際でかい箱の花はセリでも後回しにされるし。

もっといえば白い箱に茶色のガムテープを使うなんて!

ありえないっす。


モノを売るにはそれだけ外見が重要ってことです。

クチコミ等で中身を知ってるならともかく、はじめて見るものを買うとき決め手になるのは値段と外見なので。

ま、オージーはそんなの全然気にしなさそうなんで関係ないのかもしれないけど。


話がそれましたね。

ここRiverlandで感じたもう一つの事。

週末だってのにどこのワイナリーに行ってもだ〜れも客がいない。

どこも閑散としてます。

なので手ぶらで出にくいったらありゃしない。


ここは小さいワイナリーを併せると結構な数があるけど、いわゆるCellar Doorというのは全部で13件。

週末Closeの所を除いて11件まわりました。

よかったワイナリーはそのうち2件。

1件は去年シティで開催されたワインフェスタに参加してたワイナリー。

すごくおいしかったのを覚えてたのでここが今回のメインでした。

そして期待通り。

1本$10の激安ワインだけど味もラベルも文句なし。

4本しか買わなかったのを後悔。

メールオーダーしようと思います。


3泊4日で11件は少ないけどのんびりできて楽しいツアーでした。

ちなみに10月の「第2回Coonawarraワイナリーツアー」では2泊3日で30件!

あほか。

ワインもいいけどほどほどにね。
posted by yu-j at 10:12| Comment(14) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

夏の備えに

世間一般ではポピュラーだけど、「あったら便利だけど多分自分は使わない」とか「自分とは全く無縁の代物」とかいうものが世の中には山ほどあります。

例えば僕個人にとっては、カーナビとか食器洗い機とかアイロンとかコタツとか。

こっちでいえば、BBQマシン(マシン?)とかベジマイト(単に嫌い)とか。


でもそんなものが、ある時どうしても必要になったりするものです。

環境の変化とか嗜好の変化とか価値観の変化とかで。


で、ワインクーラー買っちゃった。

「Wine Fridge」とか「Wine Storage」とか呼ばれているけど、要はワインを冷やす冷蔵庫みたいなのです。

日本にいる時はワインはまさに「無縁の代物」でした。

ほとんど飲まなかった。

特に好きじゃなかった。

でもオーストラリアに来て変わりましたね。

オーストラリアワイン、特にSA産最高!

ってことで。


クーラーといっても持ってるワインは白は1本も無く全部赤。

冷やすというより赤ワインを適温(16〜18℃)に保つのが目的です。

この前の夏の猛暑で大切なワインがダメになっちゃったんですよ。

で、今年は二の舞いはごめんだな、と。


ずーと探してたんだけど手ごろな大きさ、というか重さのがなかなか無くて。

みんなでかくて重いんですよ。

でもこないだやっと見つけましたよ。

28本収容21キロ、$149!!

安っ!

大丈夫なんか?

でも元値は$299らしい。

半額…か。

ますます大丈夫なんか?

まあいいや、買っちゃった。

これでこの夏は安心してワイナリー巡りが出来ます。


でももうすでにワインクーラー、ほぼ満室です。

やっぱもっとでかいのにしとけばよかった。

2008年11月 005.jpg
なんかすぐ壊れそうだな。

posted by yu-j at 21:36| Comment(6) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

Coonawarra

前回UFOの話で終わっちゃったけどUFO見るために400キロ離れた街に行ったわけじゃありません。

そう、ワインですよ。

このあたりはCoonawarraという有名なワイン産地があります。

そして他にもMt BensonとかPadthawayとか小さい産地もいくつかあり、全部で40前後のワイナリーが集合する1大ワイン産地です。


ここの特徴はメイン道路の両サイドに、ほぼ全てのワイナリーが位置していることです。

なので時間節約になるけど、地図と標識を頼りにワイナリーを探す、というオリエンテーリングのような楽しさはここにはありません。

そしてもう一つ。スタッフがみんなすごく親切でフレンドリー。

基本的に他の地区のワイナリーも親切な所がほとんどだけど、中には微妙なところもあります。

でもここは本当に気持ちのいい人たちばかりでした。

あ、あと食事するところが圧倒的に少ない、という困ったところでもあります。


で、肝心のワインはというと、全体的に「悪くはないんだけど…」というところが多かったですね。

単に僕個人の嗜好ですけど。

全部で19ヶ所まわって「これはうまい」と感じたのは4、5件ぐらいかなぁ。

まぁでもそこはすごく気に入ったので、それで十分です。


特にそのなかでイチ押しなのが「Padthaway Estate」のおっさん。

もちろんワインもおいしくてここで3本買いましたが、それよりもおっさんが面白かった。

ここにはスパークリング4本、白4本、そして赤2本の計10本のワインがあるのですが、テイスティングは10本全てしないと許されません。

テイスティングの順番ももちろん決まってます。

ボトルに触れる事はご法度です。

テイスティング後、いろいろ質問されます。

そして何より講釈が長い。

1本1本身振り手振りを交えて「イラっ」とするぐらい説明してくれます。

おまけに先客と交互に一人で対応するもんだから、時間がかかるったらありゃしない。

結局45分近く拘束されましたよ。

でも憎めないおっさんです。

味は間違いなくおいしいのでおススメですが、急いでる人は行かない方が無難です。


まあ、とにかくこれで南オーストラリア州の有名どころのワイン産地は全て行ったことになるのかな。

でもまだ訪れていないワイナリーは山ほどあります。

とりあえず楽しみは尽きない、ってとこですかね。


一応近辺の観光もそれなりにしてきました。

まずはビクトリア州との州境に近い南オーストラリア第2の都市、Mt Gambier。

ブルーレイクが有名らしいので行ってみた。

「ふ〜ん」って感じかな。

印象としては、「うんこの多い湖だなぁ。」です。

犬のうんこだらけでしたよ。

危うく踏むところだったし。

以上。


そしてNaracoorteという洞窟と化石で有名な町。

Naracoorte Caves National Parkには駐車場は車がいっぱいで、迂闊にもちょっと期待してしまいましたよ。

ツアーもあるけど1時間待ちだったので一人で回れる「Fossil Centre」と「Wet Cave」というのに$12払って行ってみました。

やられた…

しょぼすぎる。

$12でこれはないだろ、ってしょぼさです。

しかも「Wet Cave」なんてお金払わなくても余裕で入れるし。

おそらくここに行く事は2度とないでしょう。


そんなこんなの2泊3日の旅。

ワイン好きにはいいと思いますよ。

Coonawarraは。
posted by yu-j at 17:42| Comment(8) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。