2012年05月05日

このタイミングでそれなの??

引越しまで1週間をきったある日の夜中。

飲み会が終わってほろ酔い気分で部屋でまったりしてたら、なんかどっかからなんとなく異音が。

なんだろう、と思って軽く調べたけど何もなくて。

しばらくほっといたんだけどその音が止まなくて。

で、ようやく気付いた時にはもう大変。


オーストラリアではシャワー等で使うお湯は電気で沸かしてタンクに貯蔵しておくのが一般的なのですが。

そのタンクが僕の家ではなぜかキッチンのシンクの下にありまして。

こんなん
2012 4 27 008.jpg

そのタンクがなぜか突然壊れ、水漏れし始めたのです。

元栓締めようと思ったけどかたくて全然栓が廻らなくて。

で、結果部屋中カーペットがびしょ濡れ。

もう悪夢・・・

俺はあと数日で引越すっての!!

なぜ今なの???


てっきりカーペットは全取っ替えかと思いきや、どうやら乾かすつもりのようです。

というわけで今部屋にはこんなのがいます。

カーペット乾かしマシーン。邪魔だよ。
2012 4 27 009.jpg

3,4日間ぐらいつけっぱなしにしといてくれと言われたが、

うるさいし、何よりものすごい風力だから寒いよ。

だから消しちゃった。

それにこの電気代は誰が払うんだよ。

俺は払わねぇぞ。

だからもう点けない。

これは100%僕のせいではありませんので。

まったく無駄な労力と時間を費やしてしまいました。

残り少ない貴重な時間なのに。







posted by yu-j at 00:25| Comment(2) | TrackBack(0) | アデレード生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月26日

Lethal Weapon

いやー、すごい食べ物を友人から貰いまして。


こんなの
2011 12 040.jpg

中身はこんな
2011 12 043.jpg

一見普通のジェリービーンなんですけどね。

何がすごいって、まず匂いが強烈。

そして味がね、なんていうんだろう、この世のものとは思えないって言うか。

味は全部で16種類だけどカラーは8色。

そう、1色に2種類の味があって片や普通味、片やゲテモノ味。


ま、ちょっと見てください。

2011 12 041.jpg

2011 12 042.jpg

・Mouldy Cheese(カビの生えたチーズ) VS Caramel Corn
・Booger(ハナクソ) VS Juicy Pear
・Baby Wipes(赤ちゃんのお尻拭き) VS Coconut
・Rotten Egg(腐った卵) VS Buttered Popcorn
・Centipede(ムカデ) VS Strawberry Jam
・Dog Food VS Chocolate Pudding
・Vomit(ゲロ) VS Peach
・Toothpaste(歯磨きペースト) VS Berry Blue

どう???

食べたくなったでしょう。


これを貰った時、7種は何となく味の想像がついたんだけど、1つだけ理解できないモノがありました。

唯一この中で異質なもの。

そう、それは「Centipede」(ムカデ)。

ムカデ味ってなんなんだよ。


というわけで「ムカデ」味を真っ先に試しました。

「・・・」

表現不可。

でも思ったほどは酷くはないかも。


一応全ての味にチャレンジしたのですが、一番キツかったのが、

「ドッグフード」

「Baby Wipes」

そして

「ゲロ」

特にドッグフードを試した後はホントに吐きそうになりました。

友人の1人は普通に食べてましたが。


興味のある方、もし見かけたらぜひトライしてみてください。

仲間内での罰ゲーム等にうってつけですよ。

日本へのお土産にもいいかも。。。




posted by yu-j at 21:55| Comment(2) | TrackBack(0) | アデレード生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

Tagged Fish

日曜日の朝、友人からの電話でたたき起こされた。

「Where are you, yu-j??!!」

寝ぼけながらも時計を見ると、9時30分。

ぐおぉぉぉぉ!

$10000がぁぁぁ!!

急いで用意して、でも途中でちょっと寄り道したりして11時に着きました。

Mawson Lakes。


先週からラジオ局「Triple M」でしきりに宣伝してたイベントがあったのです。

増えすぎた鯉を駆逐するイベントで一匹のBreamというサカナにタグを付け(Tagged Fish)リリース、そしてそれを釣り上げた人は賞金「$10000」!!

8時オープン、9時サカナリリース。

で、着いてびっくり、想像以上の人出。

写真ではこの程度ですが、実際はもうちょっと多かった
2007 4 002.jpg

なんとか駐車場を確保し友人と落ち合い、

さあ、かかってこい! $10000!!


オーストラリアでは鯉はPest(有害生物)なのです。

鯉は雑食性で何でも食べまくり、河川岸を侵食し植物にまでも被害を及ぼし、そして非常に生命力が強く長生きでおまけに外来生物。

ま、オーストラリアにとっては駆逐してくれと言わんばかりなの存在なのです。

他州ではどうだか知りませんが、SAとビクトリアではもし川で鯉を釣り上げたらそれを再び川に放すことは違法。

つまり釣り上げたら殺せ、ということです。


ま、そんなことはさておき、ここにきている人たちの目的はただ一つ、$10000。

ちなみにこれが俺の釣竿だ
2007 4 004.jpg

会社の植物用の支柱をさりげなく拝借してきたのですが。

注目度抜群でした。

僕がこの竹竿(ただの支柱)をもって歩いてるとみんな不思議そうに振り返るんですよ。

1人だけ「Look at that! So cute!!」言ってた女性がいましたが。

ちょっとうれしかったです。


で、結果はなんもなし。

3人で1匹も釣れませんでした。

誰かTagged Fishを釣り上げた人はいるのでしょうか。

ちょっと気になる所ではありますが。

もう終わったからどうでもいいや。


posted by yu-j at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | アデレード生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月10日

Flinders Ranges National Park

南オーストラリア州で最も有名な観光地の一つである「Flinders Ranges National Park」というところに行ってみた。

2012 4 flinders 052.jpg


友人達からは「5年もアデレードに住んでてFlindersに行った事がないなんて信じられん」とさんざん言われてきたのですが。

今まで興味はあったけどワイナリー巡りに忙しくてなかなか行けなかったのですが。

ようやく行くことができました。


ここはアデレードから北に400キロちょっとに位置するSA最大の山岳地帯。

その中でメインの観光地である「Wilpena Pound」は17kmX8kmの大きさを誇るおよそ5〜6億年前にできた巨大なクレーター状の盆地。

そのWilpena Poundの麓には整ったキャンプ場があり、そこを拠点にいろいろ歩き回って見ました。

特に友人に「絶対行け!」と言われた「St Mary Peak」は素晴らしかった。

ここは Wilpena Poundの頂上(1171m)で、キャンプ場から徒歩で往復21,5キロ、約8時間のブッシュウォーキングコースになっています。

「結構キツイよ」とは言われていたのですが、僕にとってはかなり楽しい登山でした。

なにが楽しかったって、途中からロッククライミング状態の場所がかなりあって。

両手を使わないと登れない所が多々あって。


こんなの。もちろん柵などありません。
2012 4 flinders 019.jpg


いやー、楽しかったなー


歩き始めて3時間、頂上に到着
2012 4 flinders 109.jpg


かなりの強風でまともに立っていられないくらい
2012 4 flinders 120.jpg


足元はこんなん 当然柵などございません
2012 4 flinders 028.jpg

頂上でランチしながら1時間ほどのんびり景色を満喫して、さて、帰り道ですが。

実は頂上付近ではしゃぎすぎて左膝を軽くひねったんですが。

帰りはなだらかだけど往路の倍近くある道のり。

最初は「ちょっと痛いな」ぐらいだったんですが、だんだん悪化してきまして。

残り10キロの時点でかなり悪化し、足を引きずって歩く状態になってしまい。

人っ子一人会わないし、もちろん携帯は圏外だし。

遭難するかと思いましたが、無事8時間で完歩。

翌日には膝は痛いながらもさらに2時間歩いたりして。

40代半ば、「俺もまだまだ若い者ンにゃあ負けねぇな」とあらためて実感しました。(って、そう思う時点ですでにおっさんか・・・)


イースターホリデー中ということもありキャンプ場はかなり賑わっていたのですが、一歩外に出るとほとんど人には出会いません。

眺めのいい岩場でしばらくサボってたヨガをしたりして。

なんかいい時間でしたね。

ヨガ中 アホですな
2012 4 flinders 071.jpg


Wilpena Pound以外にも「Brachina Gorge」や「Parachilna Gorge」等見所満載です。

普通車でも全然OKだと思いますが4WDのほうがより楽しめます。

あ、あとハエがただ事ではないのでブッシュウォークをする場合、フライネットは必需品ですよ。



その他の写真を少々。。。

パノラマ風につなげて撮ったけど・・・横1列に並べないと意味ないね。
2012 4 flinders 111.jpg2012 4 flinders 112.jpg2012 4 flinders 113.jpg2012 4 flinders 114.jpg2012 4 flinders 115.jpg2012 4 flinders 116.jpg2012 4 flinders 117.jpg


こんなんがそこら中にいます
2012 4 flinders 009.jpg


花屋時代に好きでよく買ってた「Cassinia longifolia」
2012 4 flinders 017.jpg
2012 4 flinders 018.jpg

時期はずれの「Sturt's Desert Pea」
2012 4 flinders 095.jpg

日本のクリスマスの定番「コチア」(Maireana sedifolia)
2012 4 flinders 098.jpg
2012 4 flinders 099.jpg

隣でキャンプしてた老夫婦のとってもかわいい孫娘たちに貰ったイースターエッグ
2012 4 flinders 085.jpg

この老夫婦にはホントによくしてもらいました。

一緒に焚き火を囲んでワインを呑みながらいろんな話をして。

楽しかったよ。

ありがとう、Kenneth & Alicia!!


続きを読む
posted by yu-j at 21:11| Comment(4) | TrackBack(0) | アデレード生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

いいねー

先日友人とアデレードの日本食レストランに行きまして。

彼は日本食が好きなんだけど、ちゃんとした(?)日本食レストランには行った事がないのでぜひ行こうということで。

で、注文は全て僕に任せる、というので僕が食べたいものばかりオーダーしたのですがどれも「素晴らしい」と大絶賛で。

あれだけの量を残さず食べたので本当に気に入ってくれたんだと思います。

そのなかで彼のお気に入りはにぎり寿司。

日本に行った事のないオージーが、あれだけ寿司刺身を選り好みせず食べるのは初めて見ました。

素晴らしい。



数日後。

彼は子猫を飼い始めたようなのです。

で、「名前はなんだと思う?」と意味ありげに聞いてくるのです。

彼が子猫(女の子)につけた名前、

それは・・・


「Sushi(寿司)」


ナイス!!

でもちょっと呼びにくいだろ。



posted by yu-j at 21:29| Comment(6) | TrackBack(0) | アデレード生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

コアラとユーカリに関する気になる話

今までここで何度か書きましたが、僕の職場の敷地にはコアラが数匹生息しています。

ほぼ毎日敷地内のどこかでコアラを見かけます。

毎年赤ちゃんが生まれ職場のアイドルになります。

かなり激しい喧嘩をするコアラ。

ブタのような声で鳴くコアラ。(かなりの大音量)

子供を背に駐車場を駆け抜けるコアラ。

なぜかユーカリではなくNative Pine に登ってしまい、そのてっぺんでブヒブヒ鳴き続けるコアラ。

コアラのいる風景は僕にとって日常であり、身近にいて当たり前のような存在に今やなっています。



コアラはほとんど寝てるからつまらない、という声もよく聞きますが、

僕はアクティブなコアラをしょっちゅう見ているせいか、その意見には同意できません。

コアラってねー、ホンットにかわいいんですよ。

あ、やっぱ寝てるや
koala.jpg



そんなコアラの生息数がオーストラリア全土で激減しているらしいのです。

先日テレビでやってたのですが、1990年の調査では43万匹いたコアラが、今や8万匹。

どうやって数えてるんだろう、とは思いますがそこはまあ置いといて。

主な原因としては乱開発によるユーカリ伐採のため住処の減少。

それによって地面を移動する機会が増え、車に撥ねられたり犬に襲われたり。

毎年4000匹以上のコアラが車と犬によって命を落としているそうです。

詳しくはこちらへ



そして僕にとっては仕事上、かなり気になるもう一つの大きな理由。

Myrtle Rust Fungus」の急激な拡大。

これはユーカリやカリステモン(ボトルブラシ)、メラリュウカ(ティーツリー)等が属するMyrtaceae Family(フトモモ科)の植物が外来の菌に葉を侵され、最悪木そのものが死んでしまうというもの。

2010年にニューサウスウェールズ州で発見された非常に新しい病害なのです。

でもあっというまに東海岸一帯に広がってしまい、今はビクトリア州の一部にまで広がって来ているらしいので南オーストラリア州(SA)に来るのは時間の問題でしょう。

これがコアラの減少に拍車をかけているようなのです。

まだEndangered(絶滅危惧種)ではないようですが、ニューサウスウェールズとクイーンズランド州の一部ではVulnerable(危急種)、そしてSAではRare(希少種)と認定されているようです。



かつて毛皮目的の乱獲のため絶滅しかかったコアラ。

今はこうやって保護のために活動している団体があるので絶滅危惧種になることは無いとは思いますが、でもどうなっちゃうんだろう、コアラ。

ちょっと心配です。

それにしてもあんなにそこらじゅうにいるのにSAでは希少種だったなんて。

そしてMyrtle Rust FungusがSAにまで広がってきたら。

うちの会社は大打撃・・・でもないか。

とにかく、今後の動向が非常に気になるニュースです。



ちなみにコアラはタスマニア州と西オーストラリア州には生息してません。

最近まで知りませんでした。。。


これは怖い
385px-Giant_Koala.jpg
posted by yu-j at 18:53| Comment(4) | TrackBack(0) | アデレード生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月04日

カウントダウンライブ 2011

New Year's Eveはカジノで過ごすのが毎年恒例なのですが。

今回はすごく暑かったので、ビーチでカウントダウンもいいかなーと思ったですが。

酔っ払った若者達のバカ騒ぎに付き合うのは真っ平御免なので。

やっぱりカジノでした。


なんてったって今回はカウントダウンライブのゲストがすごかったんだぜ。

なんと!!


レディー・ガガ

ブリトニー・スピアーズ

KISS

エイミーワインハウス


そして


マイケル・ジャクソン





そっくりさん





クチパクライブ。。。


どうしてもマイケルのそっくりさんが見たい!と友人が言うので最前列を陣取って見たのですが。

いやぁー、なんともいえないゆる〜い雰囲気でね。

ゆるゆるでした。

でもいろんな意味ですごく楽しかったです。

ステージはカジノのバルコニーに無理矢理設置されてたので、そこから花火も楽しめました。


シドニーのようなド派手なショーもいいけど、最近はこういうこじんまりしたのが好きだなぁ。

さすがだぜ、アデレード!




なんだよ、「エイミーハウスワイン」って・・・

カンベンしてくれよ

ウケたけどさ。



posted by yu-j at 20:05| Comment(4) | TrackBack(0) | アデレード生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

KI

カンガルーアイランド(KI)、とういう魅惑の島に行ってみた。

ki.jpg


フェリーに揺られる事45分。

あっという間に到着です。


Seal Bay のアザラシたち
wine 029.jpg

ツアーに参加したのですが、アザラシたちに触れることはご法度です。

まあそれは仕方がないにしても、もう少し近づいて見てみたかった。(近づきすぎるのも禁止)


さて、今回の旅のメインは「West End」と呼ばれる「Flinders Chase National Park」のある西側一帯。

ここは2007年12月に大規模な山火事に見舞われ、国立公園内の85%約63000haが焼失するというかなりの被害を受けた地域なのです。


いまだに幹が黒焦げのままのユーカリ
wine 088.jpg


ユーカリはたとえ山火事で黒焦げになっても、炭にならない限りは数週間後には新芽が息吹く非常に生命力が強い木なのです。


黒焦げになって朽ちたバンクシア
wine 089.jpg


一方バンクシアはたとえ山火事によって燃え尽きたとしても、その異常なまでに堅い果実が炎によってはじけて種子を放出し、新たな生命を宿す、というユーカリとはまた違った力強さを発揮する木なのです。


種子がはじけたバンクシア。下に写ってる植物はこのバンクシアの苗木(Banksia Marginata)
wine 094.jpg


この歩道脇の植物は全てバンクシアの苗木
wine 095.jpg


山火事から3年ちょっとですがところどころに黒焦げの木々は見られるものの、それを覆い隠さんばかりの若い木々が育っていてあらためて自然の回復力の力強さを感じさせられました。




その他の写真を少々。。。


KIから本土に到着したフェリーから運び出される羊たち。
wine 002.jpg


おそらくKIで一番有名であろう、Remarkable Rocks
wine 062.jpg


Remarkable Rocksの中で有名なEagle Rock
wine 078.jpg


ここは天気がよければきっともっと素晴らしい景色だったでしょう。


やけに人懐っこい野生のワラビー
wine 104.jpg


KIにウォンバット? と思ったらコアラだった・・
wine 116.jpg



とにかく今回はずーと天気が悪くて。

不完全燃焼の感は否めません。

あと食事ね。

どこに行ってもアジアンレストランなんてありゃしない。

ずーと洋食洋食洋食できつかった。

ワイナリーにも4,5軒行きましたが、う〜ん、あんま好きなワインじゃないかなー。


え?また行きたいか?

う〜ん

絶対晴れる、という条件の下でなら食べ物持参で行きたいかなぁ。

あ、それかSouthern Ocean Lodgeに泊まれるなら行きたいな。

いや、Southern Ocean Lodgeに泊まりに行く!

でも1泊1000ドルかぁ・・・





posted by yu-j at 20:57| Comment(2) | TrackBack(0) | アデレード生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

Four Winds

いつのまにやら9月です。

というわけで毎年恒例の「OzAsia」が始まりました。

これはオーストラリアとアジア各国の文化交流イベント。

毎年各国からミュージシャンやらダンサーやらパフォーマーやらがやってきては、なにかと盛り上がっているようです。

今まで縁がなく一度も足を運んだことはないのですが

今年は日本特集のようなので

いくつか見てみたい公演があったので

行ってみることにしました。


Four Winds

これは能楽師にして大鼓奏者の大倉正之助さんと3人のオージーミュージシャンによる音楽コラボレーション。

日本の伝統楽器「大鼓」がギター、ソプラノサックス、マリンバ、そしてディジュルドゥーと融合するってどんなだろう?

ってすごく期待して見に行ったけど。


かっこよかった、大倉さん。


特にオープニングのディジュルドゥーとマリンバの幻想的な音の中で、大鼓を厳かに組み立てていく姿は素晴らしかった。

前半は和装。

後半は私服?

シャツにジーンズ姿で再び舞台に現れた時には一瞬「え?どうしたの?」て思ったけど。

おそらく前半は文化としての鼓、後半は楽器としての鼓を見せる、という趣旨だったのでしょう。


3人のオージーミュージシャンも素晴らしかった。

あれだけ自在に楽器が弾けたらさぞや楽しいだろうなぁ。

そして最後はアンコールにも応えてくれて。


ただ残念だったのが、携帯の電源を切ってなくて静かな演奏中に電話が鳴って慌ててドタバタと出て行った
バカがいたのと、アンコールで4人が舞台に戻ってきて、さぁこれから演奏、って時に席を立って帰った4,5人のあほうがいたこと。


ま、そんなことはおいといて、

OzAsiaは始まったばかり。

次のイベントが楽しみです。


posted by yu-j at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | アデレード生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

TCRナントカRS

先日、友人とガレッジセールを開きました。

僕がガレッジセールによく行ってた、というのは大分前に書いた覚えがあるのですが。

今度は売るほうです。

いや〜楽しかったですね。

でも物を売るのは慣れているつもりですが、5年もブランクがあるとやっぱり難しい。

日本では大晦日の叩き売りの時でも値切る人はめったにいなかったのですが、オージーはとにかく値切る。

そしてしつこい。

どの辺りで手を打つかが問題でしたが、でもその駆け引きも面白かった。

$180で売りに出してたポータブルエアコンが$120で売れたのは御の字です。

機会があればまたやりたいですね。

ちなみにGSは午前中が勝負ですよ、午後になるとほとんど人は来ません。




そして後日、別の友人が開いた東日本大震災のチャリティフリマにて思わぬお宝を手に入れました。

何気に「これどう?」勧められたモノを見てウケました。

生意気だった中学生時代の記憶が鮮やかに蘇る一品。

それがこれです。


どうだ!
1 006.jpg


いや〜懐かしいね、「横浜銀蝿」。

おっと、違った、

横浜銀蝿の本名を知ってますか?



The Crazy Rider 横浜銀蝿 Rolling Special



というのが、正式なバンド名です。

これを知っているあなたは僕と同世代。



え?

「TCR横浜銀蝿RS」自体を知らない?

しょうがない、中学生時代に100万回ぐらい聴いた僕のイチオシの曲を紹介して差し上げよう。

さあ、熱唱してください!

銀ばるロケンロー」です。(クリックしてね)



アデレードで車の中からこのテの曲が大音量で聞こえてきたら、それは多分ぼくです。



posted by yu-j at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | アデレード生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

2010年に起こったこと

2010年が終わろうとしています。

今年もマッハで過ぎました。

年々スピードが加速している様な気がします。

そして今年はとにかく災難続きの年でした。

もう踏んだり蹴ったり。

これが厄年というものなのでしょうか。


というわけで


≪災難ニュース2010≫

@3月:5年ぶりのぎっくり腰。しばらくの間通院&自宅療養。

A4月:カンガルーを撥ね車が大破

B4月:人生初の免停をくらう。理由は聞かないでください。

C9月:帯状疱疹襲来。

D9月:ATMで下ろしたお金を取り忘れる。金額は聞かないでください。

E10月:クビになったはずの同僚が戻ってきて3たび相方となる。



と、主だったものでこんな感じの1年でした。

でも考えようによってはこの程度で済んでよかったとも言えます。

まあ、中には自業自得というものもあるのですが僕にしてみりゃ災難です。



というわけでいろんな意味で記憶に残る年になりました、2010年。

来年はどんな年になるのでしょうか。

いろいろ大きな動きがありそうですが楽しみです。


よいお年を。


posted by yu-j at 08:21| Comment(2) | TrackBack(0) | アデレード生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

アデレード対パース

ホーム&アウェーで2週続けての対パース8連戦。

同じチームと8試合連続で戦うなんてなんか飽きそうですが。

結果4勝4敗の五分。

数字を見る限りは拮抗した感じですが僕の見た試合は結構大味でした。

ホームランとエラーで勝負がついた感じですが、久々に見る生の野球はやっぱいいね。

草野球っぽいナイター加減がまたとてもいい味を出してました。

写真下のガーデンチェアに座ってるのがアデレードの選手
wine 038.jpg




フッティ用のスタジアムということで構造上外野席はなし。

僕は外野から見るほうが好きなのでこれはちょっと残念。

バックネット裏にグランドスタンドがあって、あとは折りたたみ椅子やらを各自持参して好きな所に陣取って観戦します。

観客は僕が想像してたよりは多かったけど、でも少ないなぁ
wine 041.jpg



入り口で小型ハリセンを手渡されそれをバチバチ鳴らして応援します。

これが結構いい感じで鳴り物よりもいいです。

スタンド席の観客はかなり応援熱心で盛り上がりますが、内野周りの観客はとても静かです。



個人的に今回一番ウケたのが、デッドボールを与えて1発退場になったパースの投手。

ガーデンチェアを置いただけの簡易ベンチなので当然スタジアムを出る専用通路などは無く。

観客のブーイングを浴びながらマウンドを横切って通路へ向うのです。

これはつらい。

ブーイング真っ最中
wine 040.jpg

なぜかここで荷物整理
wine 039.jpg


あと試合開始前の国歌斉唱で誰だか知らない人がアカペラで歌ったんだけど。

これがまたヘタでねぇ。

笑いを堪えるのが大変でした。



とっても緊迫感の無い試合だったけど、でも結構楽しめました。

やっぱり野球はいいなぁ。



posted by yu-j at 21:32| Comment(2) | TrackBack(0) | アデレード生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

シーズン到来

待ちに待った野球シーズンの到来です。

オーストラリアのプロ野球リーグ(ABL)が、MLB(メジャーリーグベースボール)とABF(オーストラリア野球連盟)の出資により11年ぶりに復活したのです。

オーストラリアのスポーツといえば夏はクリケット、冬はフッティ(オーストラリアンフットボール)が定番で野球などは超マイナースポーツの一員です。

「野球がすき」と宣言して変人を見るような目で見られたのは1度や2度ではありません。

そのオーストラリアにプロ野球。

はたして大丈夫なんでしょうか。



チームは各州に1チームずつ計6チーム。

その名も

Adelaide Bite
Brisbane Bandits
Canberra Cavalry
Melbourne Aces
Perth Heat
Sydney Blue Sox

だそうで。



試合数は11,12,1月の3ヶ月間で計40試合。

ホーム&アウェーで各チームと4試合ずつです。

で、面白いのがスケジュール。

毎週4試合続けて同じチームと対戦するのですが土曜日のダブルヘッダーが多いのです。

おまけに1試合目はなんと7イニング制。

これはいかがなものかと思うのですが。

40試合しかないんだからもうちょっとなんとかならんのか?、と思ってる人は他にもいるはずです。

ま、大人の事情があるんでしょうけどね。



さてこのABL、各チームのオーナーというのは存在せずABL自体が全てのチームを所有し給料もそこからでるようです。

日本人選手も何人か所属し、Melbourne Acesの5人の日本人は読売ジャイアンツから派遣されているようでその中に亀井選手もいるようです。



僕は日本のテレビ番組、特にドラマには全く興味がないので、オーストラリアに住んでて「日本のテレビが恋しい」と思ったことは一度もありません。

ただ心残りだったのが格闘技と野球(特に高校野球)が見れなくなることでした。

今でも文字ニュースで「熱戦」とか「激闘」とか「死闘」とか「乱闘」とか「乱入」とか「退場」とか「失神KO」とか「反則負け」とかを見ると心躍るのです。

そして呟くのです「あぁ、見たかった」と。

そこでこのABLの登場です。

地上波テレビ中継はもちろんありませんがスタジアムが近いし入場料も安いので通ってみようかな。

なにはともあれ楽しみが増えました。


ちなみに11日木曜日に開幕し、アデレードはメルボルン相手に4連勝と好スタートをきりました。

がんばれアデレード!

でも日本人選手がいるからメルボルンを応援しようかな。





posted by yu-j at 23:57| Comment(6) | TrackBack(0) | アデレード生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

ひどいよ

先日ネットで買物したですよ。

それが届いたのはいいんですが、例によってブツは玄関前に放置されていました。

ま、これがオーストラリアなんで今さらそんなことでは驚きませんが。

でもね、今回は放置されてたことよりもショックな事がありましてね。

ちょっと見てくださいな。

wine 002.jpg
(作りではありません。ホントにこうなってました)

これ、仕事用のレインブーツなんですが、ブツが何故か下敷きになってます。

ま、それ自体は別にいいんですけど。

実はこのブーツでね、犬のものと思しきとてもフレッシュなうんこ踏んだばかりなんですよ。(マジです)

家の前で。

しかもかかと部分で。

で、どうしたものかと考えあぐねて外に放置してたんですよ。

それなのに、あぁそれなのに・・・

この配送業者、何を思ってこのブーツの下にブツを滑り込ませたのでしょうか。

謎です。


買ったモノはといえば、口に触れるものでね。

心に空っ風が吹いた仕事帰りの出来事でした。


ちなみにネットで買物をする時、支払い時に「商品紛失の場合の保険をかけますか?」というような項目をよく目にしますが。

この類の項目がある場合は留守の場合商品を放置される可能性大なのでご注意を。
posted by yu-j at 21:36| Comment(4) | TrackBack(0) | アデレード生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

なにやってんだか

友人が刑務所に入れられたようです。

先日彼の兄から詳細を聞き驚きました。

刑務所にブチこまれた事よりも(彼ならありえる話だから)その理由に驚きました、というか呆れました、というかちょっと笑えました。


彼の彼女がすでに服役中なのですが、面会に行った時に彼女のために刑務所の塀越しにマリファナを投げ入れたらしいのです。

それを見つかり車で逃走。

警察とカーチェイスの末にあえなく御用。

おまけにその彼、執行猶予中だったもんで懲役5ヶ月の実刑判決。

えらい遠くの刑務所に収監されたようで、面会に行くのが大変だ、とその兄はぼやいてました。

まったく困った男です。

ま、僕も偉そうに人の事を言えないんですけどね。


それにしてもアメリカの安いドラマのような話だね。

普通やらんよな、そんなこと。

でも彼らしくてちょっとおもしろい。



posted by yu-j at 20:25| Comment(2) | TrackBack(0) | アデレード生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月30日

残念だったね

負けてしまいましたね、日本代表。

おしかったね。

あとひと息だったのに非常に残念です。

でも日本チームの活躍のおかげで、今回のワールドカップは今のところとても楽しめています。

PK外した選手へのあらぬ誹謗中傷がないことを祈るばかりです。


さて今回のWC、オーストラリアも出場していたわけですが残念ながら1次リーグ敗退。

でも「自分が滞在している国のチーム」を応援するという、日本で日本チームを応援しているかのような一体感は、自分の「個人的に好きな国のチーム」を応援するのとはまるで違う、なんだか不思議な感覚なんだけどとても熱くなるものがありました。

とくに忘れられないのが6月19日の土曜日の夜。

「日本−オランダ」の試合があってその後「オーストラリア−ガーナ」の試合があった日です。

友人とカジノで両方の試合を続けて見たわけですが、日本戦はまあそこそこ盛り上がったんですが、すごかったのがその後。

日本の試合が終わると続々とオージー達がカジノに集まってきて、まるで大晦日のカウントダウンパーティーのような賑わいでした。

そして試合開始早々のゴールの時はオージーだけではなくその場に居た様々な国の人たちが一緒になって大絶叫。

楽しかった。

日本人だから日本を応援するのはものすごく燃えるけど、こういうのもすごくいい。

すごく楽しかった。

ずーっと立ちっぱで2試合続けて見るのは結構疲れたけど、なんだか心地いい疲れでした。

そうそう、サッカーに全く興味なさそうなギャンブラー達がとても迷惑そうだったのは結構笑えましたね。


そしてWCもいよいよ8強。

しばらく寝不足の日々が続きそうです。
posted by yu-j at 16:03| Comment(4) | TrackBack(0) | アデレード生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

解毒が必要だね

こないだメルボルンのクラウンカジノで自身過去最高額勝ちましてね。(あくまでも自身ね、自身)

調子に乗ってその次の週、アデレードのスカイシティカジノでも勝ちましてね。

あぁ、こうやってギャンブルにはまっていくのね。

というのを身をもって体験中な次第です。


カジノに行き始めた当初はお金の事は二の次で、ただ楽しかったからプレイしてたのですが。

クラウンでそこそこ大きな役を出して勝ったので、それを求めるようになってしまったのです。

手持ちのカードに数字が揃っているのを見た瞬間のあの快感。

後ろの見物人が僕のカードを見て大騒ぎするのを聞くあのニンマリ感。

それをまた味わいたくてはまってしまったのです。


結果、クラウンの翌週スカイシティで勝って以降連戦連敗。

これはいかん、

と、しばらく行くのをやめてたんだけど。

3週間ぶりに満を持して行った昨夜、またしても敗北。

あぁ、だめだ。


こうなりゃ、オンラインカジノだ。

いや、それはだめだろう。

危険すぎる。

実際、友人がオンラインカジノで「あっ」という間に1000ドル摩るのを目の当たりにしてるので。

怖ぇ〜

だめだめだめ、それは絶対だめ。


初心に戻ろう。

自分にギャンブルの才能がないのは僕が一番知っているので。

え?

やめればいい?

う〜ん、オーストラリアに居る限りはそれはできない相談です。

今のところアデレード、メルボルン、ホバートそしてパースのカジノに行きました。

その他の都市の全てのカジノを制覇するのが現在の目標です。


しょぼい目標だねぇ・・・


posted by yu-j at 20:04| Comment(4) | TrackBack(0) | アデレード生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

期待しすぎだよ

「Sexuality and Adult Lifestyle Exhibition」というイベントに潜入してみた。

その名も

SEXPO

ナイスなネーミングです。

昨年は行く事が叶わなかったこのイベント、期待にこか・・・おっと失礼、胸を膨らませての潜入です。

入場料25ドルを払い中に入ると入口で入場者全員へ微妙なプレゼント。

バイブレーター(中国製)。

あまりうれしくない。


肝心の内容はといえば、なんていうんでしょうかねこれ

日本で仕事関係でよく行った「東京ギフトショー」を大幅に縮小したアダルトグッズ版とでもいうんでしょうか。

単なるアダルトグッズ展示会でした。

裸のおねいさんおにいさんはそこら中にいたのですが、なんていうんでしょうかねぇ、微妙な空気でしたね。


「ストリップポーカー」という野球拳のポーカー版のコーナーでは一般参加(絶対あれはサクラだ)の男女がまっぱでポーカーしてたけど、見てて痛い人が多くて

なんか気持ち悪い。


「ポルノスターと一緒に写真を撮ろう」(意訳)のコーナーはみんな遠巻きに眺めてるだけで司会者に「Come on Adelaide! Don't be shy!!」と言われる始末。

その言葉に踊らされたかは定かではありませんが、若いアジア人がステージに上がりおっぱいぽろりのポルノスターと写真をとってる姿はなんだかとっても微笑ましいものでした。


すごい人だかりがあって何かと思ってのぞいたら、

まっぱのおっさんがチンコに絵具をつけて筆代わりにして絵を描いてた。 

面白いけど決して長くは見たくない光景です。


その他、「お!こ、これは!」と思ったのは有料。

テントの中からステキなおねいさんが手招きしてたけど、やめときました。

おれのいくじなし!


そしてちょびっと見てみたいかな、と思ってたショー(無料)まで1時間ちょいも時間が合ったので、

この空気でそんなに時間は潰せない。

もういいや。

ということで早々に会場を後にしました。

「25ドル、全くの無駄だったね」と友人とつぶやきながら。

恐らく今後もう足を運ぶことはないでしょう。


ちなみに、中国製バイブレーターは首肩のマッサージ機として愛用しています。

意外といい按排なのですが、電池交換ができないのがミソです。

使い捨てかよ。
posted by yu-j at 22:03| Comment(6) | TrackBack(0) | アデレード生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

車は何処へ

車の損傷は思ってたよりもひどいようで。

直せなくはないんだけど、修理に出しても自力で直してもどっちにしてもかなりの金額になるようなので。

事故以来会社の車をずっと借りてて、ボスからは「しばらく使ってていいからあせって車探す必要はないよ」と言われていたんだけど。

やっぱ人の車だとしっくりこないし。

何かと不便なので。

それよりもなによりも、もうめんどくさいので。

車買いました。


ネットで探して中古車屋で買ったんだけど。

ここがまた親切なんだかいい加減なんだか判りづらい中古車屋でね。

先週納車してからちょっといろいろあって、すでに都合4回そこに顔出してます。

来週もう一度行かなくてはいけません。

僕がいろいろ注文つけるからなんですが。(当然の事を要求しているだけ)

ま、エンジンはすこぶる調子いいし運転してて楽しいのでいいんですけどね。


それはさておき、カンガルーアタックにより瀕死の状態の旧車。

アデレード・SAで乗り回して3年2ヶ月。

走行距離30万キロ目前。

いろいろな思い出がつまってます。

悲しいけれど手放す事を決めてました。

で、登録のキャンセル手続きをしようとしていた矢先、ボスが言いました。

「しばらくここに置いときなよ。もっと安い中古のパーツ探してみるから」と。


さあ、はたして彼は何をするつもりなのでしょうか。

いやもちろん直すつもりなんでしょうけど。

直して?

売る?

それとも仕事用車に?

いや、まさか部品を手に入れた後は僕に丸投げ?

それはめんどくさいから願い下げですよ。

まあいいや。

ともあれ、まだしばらくこの車との付き合いは続きそうです。

posted by yu-j at 21:54| Comment(2) | TrackBack(0) | アデレード生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

ショッキングな出来事

車を運転するにあたって、もしもこんなことが起こったらやだなぁ、ってことがいくつかあります。

例えば、

@もちろん、人身事故
A動物を轢く、撥ねる
B車ごと海に落ちる(落とされる)
Cエンジンをかけたとたん爆発炎上
Dふとバックミラーを見ると後部座席に知らない人が座ってる

などなど。

そして昨年末の追突事故に続いて経験してしまいましたよ、Aを。


それは腰痛もほぼ完治し、楽しかったイースターホリデーも明けた朝の通勤中の出来事。

その日は明け方からひどい雨が続いてました。

いつも通り山道を時速80キロで走っていた所、きましたよ。


カンガルー


何かドでかい黒い物体がいきなり視界の真横に現れ、「あ、カンガルー?」、と思ったらもう時すでにおそし。

ものすごい衝撃とともに目の前にはカンガルーの毛が舞ってました。

死ぬかと思った。

しばし呆然としてたら、対向車の運転手が車を止めて「大丈夫か?」と僕の所に駆け寄って来て、

幸い僕に怪我はなかったので、撥ねてしまったカンガルーを2人で探しに行きました。

道路脇の窪地に、いた…

気の毒なカンガルー。

僕達の目の前で静かに息を引き取りました。

あぁ…ショック…


「どうすればいい?」

おじさんに聞いたら、「これはもうしょうがないよ。このままここに置いてもう行こう」

というわけで、エンジンはかかったし職場はもうすぐだったので、呆然としながら煙を吐いてる車を無理やり運転して職場に行きました。


しばらく悶悶としながら仕事してたんだけど、ふと我にかえり肝心な事を忘れてた事に気付きました。

あまりにも呆然としてたのでカンガルーに子供がいないか確認してなかった…

なので「もう一回見てくる」とボスに言ったところ

「そんなにでかかったなら間違いなくオスだから大丈夫だよ。でも気になるなら俺が見てきてやるよ」ということで託したんだけど。

「いなかったよ、誰かが撤去したんじゃない」と。

もしかしてまだ生きてたのかな、と密かに期待してたんだけど。

でもやっぱりどうしても気になったので、今日仕事帰りに探しに行ったら、いたよ…まだそこに。

あぁ、やっぱ行くんじゃなかった。


「RSPCAにでも連絡した方がよかったのかな」と同僚達に聞いた所、「どのみち安楽死させられるんだからそのままにしておくのがベスト」との事。

一人だけ同じ経験をした事のある同僚がパークレンジャーに連絡した、と言ってたけど。

生きているならもちろん連絡するだろうけど。

どうなんでしょうね、この場合。

ともあれ、ものすごくブルーな嵐の朝の出来事でした。


そして車、どうしてくれようか。

ラジエーター、いってます・・・

この車の有様を見て同僚が一言「どんだけでかいカンガルーを撥ねたんだ?」
wine 001.jpg

posted by yu-j at 21:36| Comment(12) | TrackBack(0) | アデレード生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。