2006年12月12日

コアラツアー Part2

明日で学校も終了。

長い長いHolidayに入ります。

で、今日は遠足です。

どこに行くかでもめにもめて、なかなか決まらないので「どこでもいいじゃん」みたいなこと言ったらヒンシュクかいました…

そしてようやく「Belair National Park」に決定。

そうです。10月にコアラツアーに行ったところです。

わざわざ学校に集まってからみんなで電車に乗っていく、というので「現地集合でいいじゃん」みたいなこと言ったらまたヒンシュクかいました…


そんなわけで電車に揺られる事30数分。

着きました。

快適な気候です。予想最高気温が35度以上だったら休もうと思ってました。


2クラス合同なので結構な大所帯です。

私は団体でちんたら歩くのが大嫌いなので、最近クラスにやってきたイタリア人、ジョンと二人でスタスタ歩き始めました。

歩くこと数分。道を少しそれた所にあるユーカリに、コアラらしきものを発見。

私が駆け寄ってコアラを確認し「いたぞ〜」と叫ぶと、みんな奇声をあげて走ってきます。

いい年した大人たちのはしゃぎぶりは、それはそれは大変なものです。


コアラの親子。ちびコアラがかわいい。
1 004.jpg


コアラに群がる大人たち。こっちのほうが見てて面白いや。
889.jpg


あとはカンガルーだな、と思った矢先、50Mほど先の広場に何やら巨大な動く物体を発見。

またまたジョンと走りました。

でも今度は誰もついてきません。みんなコアラ見たらもういいみたい。


そこには予想外の動物がいました。

エミューです。もちろん野生。


でかい。人間よりも頭一つでかい。3羽(頭?)います。
900.jpg


これがダチョウだったら下手すりゃ死ぬな、ぐらいの距離まで近づき激写。
901.jpg

う〜ん、ちょっと感動。コアラよりうれしい。


昼食後はみんな適当に遊んでました。

私は20歳と22歳のリベリア人兄弟と、よしゃあいいのに張り合ってサッカー。

40歳に手が届きそうな人間がかなうはずも無くヘロヘロです。

ふとある言葉が頭をよぎりました。

サッカーなどでアフリカ諸国と対戦するとき必ず使われる言葉。

彼らのそこに至るまでの過程やバックグランドを一切排除し、たった一言で片付けてしまう言葉。

「身体能力の差」です。

アナウンサーや解説のおっさんがこの言葉を使うたびに「ああ、またアホな事をいってるなぁ」と思ったものです。


でも今日思いました。

たとえ私が20歳だとしても1対1なら絶対彼らにはかなわないなぁ、と。

だって「身体能力」が違うんですよ(笑)

彼らの体は鉄板のようです。ジャンプ力も桁外れです。

こりゃ日本人は戦略めぐらさなきゃ勝てねえな、と。

ちなみにこの弟のほう、駅のホームでへばっている私の目の前で腕立て伏せを始めました。

ヤロー…


話がそれましたが、なんだかんだで結構楽しい遠足でした。

でも体中が痛い。帰りの電車で爆睡していたのはどうやら私だけのようです。

明日の卒業式休もうかなぁ。


posted by yu-j at 20:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 花屋日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

開店

吉祥寺でお店をやってました。

別に隠していたわけではないけれど、知人からのコメントにより公開されたのでもういいや。


とても若い人(子供)の多い街です。週末になると眩暈がするくらい人が溢れます。

人混みが死ぬほど嫌いな私が、よくあそこで11年やってこれたと我ながら感心します。

吉祥寺は店の入れ替わりがとても激しく、気が付けばアノ店がクローズして新しい店が出来てる、なんて日常茶飯事。どこで聞きつけるのか、あっという間に借り手は決まります。

毎年夏、ひと月休むと浦島太郎になったような気がします。


吉祥寺は商売をするのがとても難しい街だと、お店を持っている人は皆言います。

私は他の場所でやったことがないので特にそう感じたことはありませんが、そうらしいのです。

人の流れが読めない街。…らしい。

それでも吉祥寺でお店をやりたい、という人は山ほどいます。いや、掃いて捨てるほどいます。

同じか。

なので閉店情報にはみなさんとても敏感。

私の所にもいろんな人が探りを入れに着ました。

宝石、子供服、ビーズ、カフェ、カレー屋、美容院などなどの人々が。


で、昨日新店舗が開店しました。

ジュース&アイス屋さんです。

近所の八百屋さんの3姉妹が熾烈な争奪戦を見事制したようです。

その姉妹とは犬友達だったので、お花もって開店祝いに行ってきました。

ひと月しか経っていないのに、なんだかなつかしーい感じ。

いくつか置いていった備品もそのまま使ってくれていたので、自分の店のような不思議な気分。

でもいい人達に決まってよかった。みんなとってもいい娘っ子なので。

売りは八百屋直送(?)のフルーツを使ったフレッシュジュース&パフェ。

各200円と300円。かなりお安めです。

お味のほうは、濃厚さには欠けるけどおいしいですよ。パフェがおすすめ。

ぜひ行ってみて!


店を閉め、その後に新しい店がまたできて、今思うこと。

商売ってとっても大変だけど、やっぱりとても楽しかった。

いろいろな人との出会いが楽しかった。

オーストラリアでもまた何か商売始めようかなぁ、なんて思いが少し芽生え始めました。

もちろん電話注文はお断りですよ。っていうか電話は引きません(笑)




posted by yu-j at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 花屋日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

ほぼ終了

処分市も6日目となり、だいたい一段落着きました。

疲れた…張り切りすぎ。テンションあがりっぱなしでした。

でもおかげで家の処分しようと思っていた大物たちまで片付きました。


貰われていったモノたち。

組み立て式スチール棚×3(H200*W180)、テーブル、タンス、ソファー、座卓(150*100)、本棚×4、洗濯乾燥機(台付)、29インチテレビ(台付)、19インチテレビ、マッサージチェア、食器類(ダンボール7箱分)、コンクリートブロック(40個)、などなど。


これらすべて渡豪前に処分しようと思っていたので、ゴミにならなくてホントによかったです。

まだまだ使えるものを捨てるのはとても心苦しいものです。でもよい巡り会わせでゴミにならずにすみました。

貰ってくれた方たちに感謝します。


それにしてもわが家はモノが多すぎ。明日からは家の大掃除です。

憂鬱…
posted by yu-j at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 花屋日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

何屋?

処分市2日目。

本日も大盛況でした。

一体何屋なんでしょうか。

写真00092.JPG

この後ここにインクジェットプリンタ、小型冷蔵庫、衣装ケースなどが並びます。

写真中央の黒いイス(バランスチェア)の座り方を大勢の前でレクチャーしたりしました。何やってんだか…


一番人気は食器。

家からダンボール2箱分持ってきたのですが、ホントにあっという間になくなりました。

明日はもっといっぱい持って来よう。


とにかくおばさんパワーはすごい。

写真00094.JPG
(もっと凄い写真もありますが、みなさんの顔が写っていないのはこれだけでした、残念)


裏の物置から10年ほど前の埃だらけの物を持って来ると、皆さんの視線が刺さります。

拭いてから補充しようと思うのですがみなさんの「早く入れろよ」と言いたげな無言の圧力に負け、まとめて投げ入れると、

奪い合い。

今日はこれの繰り返し。

おかげで朝からハイテンションで疲れました。

事情を知っている近所の人が通りかかると「なんだかずいぶん楽しそうね」と皆口を揃えて言います。

あー、楽しかった♪

明日はテレビ、掃除機、エアロバイクなんて持っていこうかな。


家に着くなりpopoは鼻歌まじりに物置に入っていきました。
posted by yu-j at 01:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 花屋日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

残念

先日店の後継者のことを書きましたが、昨夜断りの電話が入りました。残念。でも仕方ないですね。

なので、今日から後片付けです。ブルー…

とにかくゴミを出さないために「ご自由にお持ち帰りください」と書いたダンボールの中にどんどん目に付いたものを入れました。

まず手始めにブリキのバケツやバスケット、素焼き鉢などなど。

すると物の数分で空になります。

めぼしいものが無くなると手当たり次第に入れていきます。

こんなもの使う人いるのかな?ってものまで。

例えば、錆びだらけのバケツや埃のかぶったドライフラワー、ひびが入って崩壊寸前の素焼き鉢、10年前の花の雑誌、半分以上使った殺虫剤、果ては薄汚れたビニール傘まで。

でもなくなるんです、速攻で。

恐るべし!!「タダ」パワー。

この勢いで、明日は家のいらないものを片っ端からもって行こう。

まずはセラミックヒーター、雪かきスコップ、そり、長靴、タイヤチェーンを入れてみようかな。

その後はpopoの古着やバックだな。

きっとすぐなくなるような気がする。


あ、なんかスゲー楽しくなってきた。
posted by yu-j at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 花屋日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

閉店

ついに閉店です。

天気もよくて絶好の閉店日和。

とてもたくさんの方々が来てくれました。

11間年本当にありがとうございました。

写真00369.JPG
posted by yu-j at 01:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 花屋日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

誤算

天気予報もあまり当てにならないものです。

当初の予報では今週の月火水は雨。木曜から晴れとのことでした。

言うまでもなく花の売れ行きは天気に大きく左右されます。

なので「閉店の週に雨とはついてない…」と思いつつ少し弱気になり仕入れの量を気持ち減らしてしまいました。

ところが、

絶好調です。

1日を残し切花、鉢、共にほぼ完売。

嬉しいけど、ちょっとまずい。

最終日(今日)はおそらく多くの人が来てくれる、はず。

どうしよう…

市場に行こうかと思ったけど、もう買参権返しちゃったし…

弱気なオレのバカ!天気予報のバカ!

今日の予報は晴れ。

雨乞いしようかな。
posted by yu-j at 01:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 花屋日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

再会

連日多くの人が店に来てくれます。

懐かしい顔ぶれもたくさん。

学生時代の友人、前の職場の先輩、後輩、開店初期の頃私たちを支えてくれた方々、そしてもちろん常連さんたちも。

うれしいです。

差し入れもたくさん頂きます。ほとんどが甘いお菓子。

ありがとうございます。でも…食べ切れません…

ちなみに昨日の夕食はケーキでした。バースデー


かつて非常にお世話になった方がいます。

とてもよいお付き合いをさせて頂いていたのですが、ほんの些細な事で小さな溝が出来てしまい、ある日を境に一切連絡を取らなくなってしまいました。

その方が5年ぶりぐらいに来てくれました。

私の心残りの一つだったので、とてもうれしかったです。

ハガキを出そうかどうしようか迷ったのですが、出してよかった…


もう一枚、迷ってハガキを出した人がいるのですがまだ来てくれてません。

来てくれるかなぁ…

posted by yu-j at 01:18| Comment(5) | TrackBack(0) | 花屋日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

後継者現る!?

閉店まであと3日となった所で、思わぬ話が舞い込んできました。

お店を引き継いでくれるかもしれない人がいたんです!!

正確にはこちらから話を振ったんですけどね。


移住を決意したときから店は存続させるつもりで、色々な人にいい後継者はいないかあたってきました。

あわよくば店の売り上げの一部をオーストラリアの生活費に当て、悠々自適に暮らそう、という腹積もりでした。

しかし、甘かったです…我々の性格を考慮してませんでした。

popoも私も仕事には非常にこだわりがあり、人に任せられるような性格ではないのです。

何度かアルバイトを雇ったことがあるのですが、気になってしまうんです、その人が作っている花束とかあんなこととかこんなこととか…

自分たちのスタイルを崩したくなかったんです。

じゃあ最初から雇うな!って話ですよね。

で、結局あきらめました。間違いなくオーストラリアで店のことが気になってしまうであろうから。

たとえお金が入っても精神的に落ち着かないのは…イヤ。


なので、その可能性の後継者さんには完全にその人の店としてやってもらいます。我々とは一切無関係。

でも店はほぼ居抜きで譲れます。

これは大きい。

あの店の後片付けをして什器を全て処分するのはかなり苦痛。考えただけでブルーになります。(面倒くさい、という意味でです)

そしてお客さんに「これから何処で花を買えばいいのよ」と、よく言われて心苦しかったのですがこれで安心です。

引き受けてくれるかどうかは来週の土曜日返事がきます。

でも土曜日って…うち水曜日までなんですけど。

ま、いいか。

その人自身はかなりやる気なんですが一つ問題があるようです。

すでに他の店舗の目星をつけていて、そこの大家さんと、契約はしていないけれど口頭で借りる約束をしているとのこと。

契約してないならいいじゃん、と思う所ですがそこは律儀な日本人、そういう訳にはいかないようです。

とにかく、いい報告を期待します。
posted by yu-j at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 花屋日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

閉店日決まる

この一ヶ月ちょとの間、前にも書きましたがトラブルが発生して、非常にバタバタとしておりとても大変な日々でした。

渡豪断念か?

というところまで追い詰められていたのですが最悪の事態は回避できそうです。たぶん。

で、ついに閉店日を決めました。無理やり決めました。この先どうなるかはまだ分からないけどこのままだと先へ進めないので。

7月26日水曜日

これが11年の歴史に幕が下りる日です。

あと3週間。

いきなりあと3週間か。われながらずいぶん急だな…まだお知らせハガキの準備も全くしてないのに。

具体的に決まると色々な思いが駆け巡ります。

本当に辞めていいのかな、なんて思ったりして。

いかんいかん。このままずるずるといきそうだ。


で、今日来てくれたお客さんに閉店日を告げました。

本当に閉店するのか今日まで半信半疑だったようで、皆さん一様にショックを受けている様子でした。

あれほど説明したのにみなさん信じてなかったのね…

でもありがとうございます。

ショックを受けてくれてありがとう、っていうのも変ですが、やはりそれだけ残念がっていただけるというのはありがたいものです。がんばってきた甲斐があります。


そういえばまだほとんどのお客さんにこのブログのこと話してないんだよなぁ。

ぶんむぎの近況をお客さんに教えてあげるために始めたブログなのに。

話さなきゃ。なんかこっぱずかしいけど。


まあ、とにかくあと3週間。気は抜かずに力を抜いてがんばります。
posted by yu-j at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 花屋日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

母の日

5月の第2日曜日は母の日です。

一年の中で年末と並び、最も忙しくそして最もブルーになる日です。

なぜってそれは忙しすぎるからです。その上、気温も上がるので花のコンディションに非常に気を使うのです。

特に宅急便で地方配送が多いので、天気予報にはとても敏感になります。
少しでも気温が高いと、とても心配になります。

年末は寒いのでそのことに気を使う必要は全くありません。

だから私は年末が大好き。母の日は嫌い。


今年は14日で一番遅い母の日です。

去年は逆に一番早い8日でした。

気分的に遅いのはイヤですね。1週間違うだけでものすごく気温が高くなるような気がして。

さっさと終わらせたいものです。


普段は週4回市場に行っているのですが、母の日の週は6日連続で行かなくてはなりません。

私は市場に行く日、よく寝坊をするのですがこの週だけはそれは許されません。それどころかかなり早起きをしなくてはなりません。

なぜならこの週は市場が非常に混むので、早く行かないといつも座っている席がとれないのです。不思議なもので席が違うと非常に買いづらいのです。

なので明日からは朝4時半起きです。(たぶん)

仕事は何時に終わるんだろう…その日の日付のうちに帰れればいいんだけど…



さて、なぜこんなことを書いているかというと、そう、それです。

明日から母の日終わるまでたぶん1週間、ブログお休みします

とてもじゃないけど更新できないと思うので。


というわけで、15日にまたお会いしましょう手(パー)

posted by yu-j at 01:53| Comment(6) | TrackBack(0) | 花屋日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

閉店します

6月頃、お店を閉めることにしました。

本当は誰か信頼できる人に任せて続けたかったんですけどね。

難しいですよね、完全に人に任せるのって。ましてや経営者が日本にいないんじゃあ、何かと問題もでてくるだろうし。

11年やって、もったいないけど仕方ないですね。


と言う訳で、少しずつその事をお客さん達に話し始めました。

面白いですよ、反応を見てると。人それぞれです。

大体の人は好意的で、ありがたいことに励ましの言葉を頂いたりします。

困るのは理由を聞いてくれない人です。

普通、「店閉めることにしたんですよ」って言うとまず「何で?」って聞かれます。

でも中には理由を聞いては悪いと思っているのか、「そうなんだ、残念ね」と言ったきり、ものすごくブルーになる方もいます。経営状態が悪くて潰れると思っているんですよね。


違いますよー。そんなに悪くないですよー


あと、嫌味を言う人も中にはいます。

何か面白くないんでしょうね。

こんな事言われました。

「親を捨て、国を捨てるなんてどういうつもり?」

いや、驚きましたよ。「は?」って感じです。

それとこれとは全く違う話で、考え方の違いというか、感覚の違いと言うか
年齢、時代の違いと言うか、何というか理解不能です。

今の時代、海外移住なんて普通のことだと思うんですけどねぇ。



皆さんには長い間贔屓にしていただいてとても感謝しています。そして、それをいきなり辞める、というのはとても申し訳ないと思っています。

激励してくれた方々、本当にありがとうございます。そして快く思っていない方々、すみません。でも私たちの人生なので…

さあ、あと2ヶ月ちょっと。気合入れていこうかなっと。
posted by yu-j at 02:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 花屋日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。