2012年07月13日

Kakadu National Park

世界遺産に登録されているカカドゥナショナルパーク。

自然と文化の複合遺産です。

でもね、なんかイマイチ乗り気じゃない、というかなんというか、同じ世界遺産でもバングルバングルに向う時のようなワクワク感が全く無い。

なぜならば、

カカドゥのメインはアボリジニの人々が大昔に岩に描いた落書き、じゃなくて、Rock Art なのですが。

僕はアボリジナル文化にあまり興味が無いのです。

いや、それなりに興味はあることはあります。

あるので博物館にいってみたり、アボリジニに関する映画を見たりはします。

でもどうにも惹かれないんだよなぁ。



ま、そんなことはさておき。

カカドゥ、広いです。

そしてとてもよく整備、管理されたナショナルパークだと思います。

レンジャーによる無料のツアーガイドも数多くあります。

でも正直、自然景観はWAとかぶるものが多く食傷気味の感は否めません。



でもWetland(湿原)は素晴らしかった。

まだ水が多すぎて通行止めのところが多かったけど、あれはWAでは見られない光景ですね。

Ubirr の Nardab Lookout
2012 6 146.jpg

Yellow Water
2012 6 006.jpg

見にくいけど睡蓮がきれい(白いの)
2012 6 023.jpg



一方、Rock Art も時間をかけていろいろ見たら

意外と結構楽しめました。

2012 6 129.jpg

2012 6 174.jpg



このナショナルパークはキャンプサイトが快適です。

が、初日に泊まったところは尋常じゃない数の蚊に襲われ大変でした。

蚊取り線香、虫除けスプレーも全く効かず、それこそ数百匹の蚊の大群に取り囲まれます。

なんとなく足をライトで照らしたら、ジーンズの上から足に蚊がみっしり張り付いているのを見た時はさすがにビビりましたね。

初めて蚊が怖いと思いました。

翌日ビジターセンターで蚊の少ないキャンプサイトを教えてもらい、そこはとても快適でした。



Gunlom のナントカ滝
2012 6 038.jpg

その滝の上で泳ぐ人たち
2012 6 032.jpg



ま、なんだかんだ言いましたが楽しかったですよ。

蚊以外にも得体の知れない虫がたくさんいるので、そういうのがOKな人にはいい所だと思います。

もちろんキャンプ以外にも宿泊施設は整っていますよ。

ちなみに僕の足は虫刺されで酷い事になっています。

さすが熱帯だなー


そういえば楽しみにしていたエリマキトカゲには、ここでもダーウィンでも全く会えませんでした。

残念。






posted by yu-j at 11:17| Comment(3) | TrackBack(0) | ラウンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今、こっち寒いから「蚊!?」なんですか それ!?って感じだけど‥夏になると、恐いものではあるわな。しかも、そんな数百匹って‥よく、夏になると思うのよね。採血してコップにでも入れといてあげるから、どうか刺さんといてって。

うちに飾ってるKUKUDUの写真は、湿原の夕日の写真だったわ。

私もアボリジニのアートは、そんな興味なかったんだけど‥一度、友達の開院祝いに贈ろうと真剣にいろいろ見たら、結構好きなのもあって 一枚ぐらい 自分用に欲しいかなとまで思ったよ(予算上、未だ買えず‥)
Posted by みいな at 2012年07月14日 00:09
あれ!?何でKUKUDUって書いたんだろ‥

Posted by みいな at 2012年07月14日 00:11
みいな

上は熱帯だからだねー
ホント大袈裟じゃなくて数百匹の大群だったよ。
電気が流れてハエや蚊を退治する「ハエ取りラケット」がなぜか車の中にあったのでやってみたら一振りで取れる取れる。
面白かったけどある意味怖かった。

うん、確かに面白いアボリジナルアートもあったよ。
お土産に何か、とも思ったけどそこまで惹かれるものはあそこにはなかったなぁ。
でもアボリジナルアートって高いよね。
ちょっとびっくりした。
Posted by yu-j at 2012年07月16日 20:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。