2011年09月15日

これはすごいなぁ

先日オーストラリアの朝の番組で紹介されてた映像です。

ちょっと見てくださいな。



かわいいなぁ。


そういえば昔よくぶんを両手で抱えて踊らせてたような気が。

今思えば迷惑そうな顔してたっけ。

今度帰ったら一緒に踊ろっか、ぶん。


「いやだ」
2011 5 041.jpg




posted by yu-j at 20:30| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

Four Winds

いつのまにやら9月です。

というわけで毎年恒例の「OzAsia」が始まりました。

これはオーストラリアとアジア各国の文化交流イベント。

毎年各国からミュージシャンやらダンサーやらパフォーマーやらがやってきては、なにかと盛り上がっているようです。

今まで縁がなく一度も足を運んだことはないのですが

今年は日本特集のようなので

いくつか見てみたい公演があったので

行ってみることにしました。


Four Winds

これは能楽師にして大鼓奏者の大倉正之助さんと3人のオージーミュージシャンによる音楽コラボレーション。

日本の伝統楽器「大鼓」がギター、ソプラノサックス、マリンバ、そしてディジュルドゥーと融合するってどんなだろう?

ってすごく期待して見に行ったけど。


かっこよかった、大倉さん。


特にオープニングのディジュルドゥーとマリンバの幻想的な音の中で、大鼓を厳かに組み立てていく姿は素晴らしかった。

前半は和装。

後半は私服?

シャツにジーンズ姿で再び舞台に現れた時には一瞬「え?どうしたの?」て思ったけど。

おそらく前半は文化としての鼓、後半は楽器としての鼓を見せる、という趣旨だったのでしょう。


3人のオージーミュージシャンも素晴らしかった。

あれだけ自在に楽器が弾けたらさぞや楽しいだろうなぁ。

そして最後はアンコールにも応えてくれて。


ただ残念だったのが、携帯の電源を切ってなくて静かな演奏中に電話が鳴って慌ててドタバタと出て行った
バカがいたのと、アンコールで4人が舞台に戻ってきて、さぁこれから演奏、って時に席を立って帰った4,5人のあほうがいたこと。


ま、そんなことはおいといて、

OzAsiaは始まったばかり。

次のイベントが楽しみです。


posted by yu-j at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | アデレード生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。